必要なスキル

コールセンターで働く際に特別な資格は必要ありません。大きなコールセンターでは研修期間が充分に設けられており、マニュアルも準備してありますので未経験者でも働くことができます。電話での対応は顔が見えませんので、話し方が大切です。明るく朗らかに話すことができ、人と話しをすることが好きな人は向いているでしょうし、相手の声やトーンから気持ちを読み取る心遣いも必要です。

商品の注文や使い方の説明などは、的確に相手に理解してもらえるよう話すことが大切ですし、クレームなどの場合には相手の話しをじっくり聞き、お詫びをしなければいけません。これらは最初は難しく感じますが、経験を積むとスキルもあがってきますので、未経験だからと気後れする必要はありません。オペレーターを評価する際は話す速度、聞き取りやすさや声のトーン、知識や説明の分かりやすさ、対応が親切丁寧かなどの項目がチェックされます。コールセンターでのオペレーターの対応は個人の評価だけでなく、その企業の評価にもつながります。わざわざ電話してくださるお客様に求められる最適な情報を提供し、満足して頂くために応対だけでなく自分の働く企業の商品に関する知識を身につけることも大切です。